小さめサイズのクーラーボックスで普段の買い物をスマートに

小さめサイズのクーラーボックスで普段の買い物をスマートに
冷たさを長時間キープすることで、暑さから食材などを守ってくれるクーラーボックス。キャンプやバーベキューの時に活躍する、大きなクーラーボックスはお馴染みですが、小さめサイズのクーラーボックスがあるのをご存知ですか?
今回はレジャー以外にも活躍する、普段使いに便利な小さめサイズのクーラーボックス「ビクトリー クーラー 9.5L」をご紹介します。

食材を熱から手軽に守る

食材を熱から手軽に守る

便利なコンパクトサイズ
ビクトリー クーラーの大きさは、A4サイズの雑誌と大体同じくらい。コンパクトな本体は、場所を選ばず助手席の足元など手が届く場所に置けるので、必要な時にサッと取り出せるので便利です。
少しの間と思って座席の上に置いた食材が、知らぬ間に陽が当たって痛んでしまうことってよくありがち。そんな時、近くのビクトリー クーラーに足の早い生鮮食料品だけでも入れて、食材を熱から守りましょう。

適度な大きさ
見かけは小さくても、庫内は普段の買い物に適した大きさです。

普段の買い物に適した大きさ

普段の買い物に適した大きさ

例えば、十分な冷たさを保つ為のラバーメイドアイスなどの保冷剤や氷のスペースを確保した状態でも
・500mlのペットボトルなら6本
・350mlの缶飲料なら12本
 (6本入りパックなら2パック)
・12個入り卵パックなら3パック
・食パンなら2斤
がスッポリ納まります。
また大き過ぎない庫内は、ラバーメイドアイスなどの保冷剤や氷を沢山用意する必要がありません。食材などを入れたい場合も、大きいクーラーボックスと異なり直ぐに冷えるので普段使いに助かります。

痛みやすい食材も安心

痛みやすい食材も安心

ハードケースだから便利
折り畳み式のクーラーバッグなどと異なり、プラスチック製の本体が庫内の空間をしっかり確保するので、ケーキや果物、卵やお惣菜などの、形崩れしやすい食材や痛みやすい食材を入れるのに最適です。
※庫内で食材同士が衝突しないようご注意ください。
しっかり閉まるフタは中の冷気を逃がさない上に外気が入り難いので、車内が熱くなっても冷たさをキープ。また、フタを閉める際に音がするので閉め忘れを防げるのも安心です。クーラーボックスの上に荷物を置ける点も、無駄なスペースを使わない大事なポイント。

手入れが簡単
庫内は無駄な凹みや溝がないので、お手入れも簡単。大概の汚れは、濡れた布などでサッと拭き取るだけでキレイになりますが、もし惣菜類の汁や魚や肉などの汁が漏れてしまっても大丈夫。キッチンペーパー等で汁を拭った後、中性洗剤を染み込ませた布などで汚れを落とし、最後にキレイな布などで拭き取れば完了です。

普段使いに便利な、小さめサイズのクーラーボックス「ビクトリー クーラー 9.5L」。
ぜひ毎日のお買い物でご活用ください。

ラバーメイドのビクトリー クーラー 9.5L

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...