ラバーメイドのグレードアップ保存容器、プレミア

Premier_FSI_April2010

ラバーメイドが生み出した保存容器の中でもとりわけハイグレードな製品、プレミア。
日本では2009年に発売を開始して以来、2011年にデザインと素材がリフレッシュしたり、2012年に新カラーが出たりと、少しずつ変化しながら愛され続けています。
そのプレミアついて、今回から4回にわたって詳しくご紹介してみようと思います。
第1回目の今回は、フタの特長についてです。

凍らせても柔らかく、密閉性の高いフタ。

凍らせても柔らかく、密閉性の高いフタ。


プレミアは、樹脂製の保存容器。でも通常の保存容器とはちょっと違った特徴がいろいろと隠れてます。
その中でも特に特長があるのが、フタ。プレミアのフタは、ラバーメイドのその他保存容器と比べてもだいぶ異なるタイプのもの。エラストマーという合成ゴムで出来ていて、これがとってもしなやか。
柔らかいのでとにかく開閉が簡単なんです。驚くのは、冷凍庫から出した直後でもしなやかなままだという事!
カッチカチでフタがなかなか開けられなくて苦労することもないし、手首が痛くて力が入らない方でもラク~に開閉できちゃう優れものです。柔らかいから、爪が割れちゃった!なんて惨事も避けられますヨ。

合成ゴムで伸縮性があるので、密閉性にも優れています。本体にぴたっと密着して液漏れしにくく、持ち運びにも便利です。密閉性が高いパッキンとロック付き保存容器は便利だけど、パッキンの取り外しが結構不便なのが悩みどころ。その内伸びてきて密閉性が低くなったり、カビてしまうと衛生面で気になったり。その点プレミアは、フタの裏側にパッキンなどのパーツが何も付いていないので、お手入れだってラクラク簡単。使用頻度が高い保存容器だからこそ、お手入れが簡単なのは助かりますよね。

合成ゴムでとてもしっかりした作りのプレミアのフタは、繰り返し開閉しても簡単には反ったりしません。反ってしまったフタは閉めるのが大変だし、密閉性も低くなってしまうもの。プレミアはロックも付いていないから、ロック部分がパキッと割れてしまう心配もなく、長く使っていただけます。

フタと本体の底が接続。 スッキリ収納できます。

フタと本体の底が接続。スッキリ収納できます。


もちろんこのフタもラバーメイドならではの“くっつき機能”が付いてるので、フタと本体の底が接続できてコンパクトに片付けられます。この特長に付いては、また後日詳しくご紹介しますね。

フタだけでもこんなに特長があって、こだわりのあるプレミア。
今回ご紹介しきれなかった特長は、残り3回でご紹介いたしますのでお楽しみに♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...